不動産の調査 その2 公法制限およびライフライン

2018-04-01

本日より新年度となりました。

公法制限に関する調査は、市・区役所の担当部署で聴取します。
(下記は大まかな作業です)

都市計画課:用途地域や建ぺい率・容積率および地区計画の有無等
土木管理課:敷地と接道道路の種別や建築基準法上の道路種類・幅員等
この他公道か私道か 位置指定道路か
建築指導課:建築に関する全般・・・適法に建物を建てる諸条件
その他:主に文化財保護法 土壌汚染対策法 通学学区 ハザードマップ

水道局:飲用水の種類・・公営か私営か井戸か /埋設管(供給管)の口径
下水関係:公共下水か浄化槽(個別・集中)か /埋設管(供給管)の口径
ガス:都市ガスかプロパンか
特にこれらの埋設管が、他人の敷地の地中を通っていないかどうかは必須です。

調査の際は、必ず担当部署と担当者の名前をメモしておきます。

Copyright(c) 株式会社カジハラプランニング All Rights Reserved.