宅地建物取引士の更新手続きを申し込んできました。

2018-04-26

不動産の売買契約を結ぶ前には、必ず取引される当該物件の重要な部分を
買主様へ説明しなければなりません。⇒「 重要事項の説明」

正しくは、不動産業者は「宅地建物取引士」の資格を持った者に
重要な事項を説明をさせなければなりません。
それがなければ違法取引行為となります。

その内容を充分に理解された上で、次に売買契約条件の説明を受け
売主様 買主様それぞれがその条件を納得、承諾をされてから
各書面に署名・捺印をいただいて契約を締結します。

その「宅地建物取引士」の有効期限は、5年間となっております。

また、期間満了に伴い自動的に更新される訳ではなく
公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会(宅建協会)の実施する
指定された日に法定講習を受講しなければなりません。

私の場合、6月6日(水)9:30~17:20 日本教育会館にて

Copyright(c) 株式会社カジハラプランニング All Rights Reserved.