競売不動産取得代行によるサポート

各地方裁判所が、債務の支払いが出来なくなった人などの不動産を売却し、その売却代金を支払いにあてるための制度です。購入方法は入札方式により、原則誰でも自由に参加できます。購入希望者が一定期間内(期間入札)に裁判所に対して入札し、入札をした人の中で一番高い入札価額をつけた人が落札人(競落人)となります。落札人は、裁判所の指定した期日(代金納付期日)までに、入札価額から入札時の保証金(買受可能価額の20%)を差引いた残りの代金を一括納付すれば、裁判所の職権により所有権を取得することになります。

競売のメリット
・一般の市場価格より安い価格で取得しやすい。
・裁判所が複雑な権利関係を処理してくれる(差押え・抵当権の抹消手続き)から安心。
・比較的良好な物件が多い。

競売のデメリット
・物件の引渡し時まで物件内部が見られない。※
・現況のままの引渡しになり、建物等の故障や不具合個所の修理は、落札者の負担となる。
・購入代金は一括で支払わなければならない。
・物件の明渡しが困難な場合がある。
・必ず落札できるとは限らない。

裁判所に備え付けの「物件明細書」・「現況調査報告書」・「不動産評価書」(いわゆる三点セット)等は必ずしも占有状況と合致しているとは限りません。※

当社の不動産競売代行サポートでは、物件の情報提供から、 ご希望の物件調査 ⇒ 入札金額の提案 ⇒ 入札手続き ⇒ (開札結果) ⇒ 代金納付手続き(落札者と一緒) ⇒ 物件の明渡し(占有者との話合い)  ⇒ まで一切の手続きを代行します。
あらゆる状況にも、長年のノウハウと顧問弁護士や司法書士のスタッフと共に、安心してお客様が物件を取得されるサポートを行います。

 

Copyright(c) 株式会社カジハラプランニング All Rights Reserved.