任意売却とは

任意売却とは

言葉通りの意味合いからすると、所有している不動産をご自身の意思(任意)と判断で自由に処分(売却)出来るように捉えられますが、厳密な意味での「任意売却」というものは、自分の意思と判断だけでは自由に処分ができない状態のことであります。

住宅ローンの返済が困難になり、不動産を売却してもローンが残ってしまう場合には、借入先の金融機関または債権者から「売却条件の同意」を得てから、一般の取引に近い形で不動産を売却することになります。

このように、所有者自らの売却の意思と債権者の承諾(同意)のもとで、話し合いながら進めていく売却の方法を「任意売却」といいます。

不動産競売とは?

住宅ローン等の返済が相当期間滞ると、融資先の金融機関(債権者)は、当然に返済(回収)を強く求めてきますが、この返済(回収)手段のひとつに、「不動産競売」といわれる方法があります。

この方法は、債権者が、裁判所に担保不動産の「競売の申立」を行い、「差押」の登記がなされて、管轄の執行裁判所によって事務的(強制的)に売却を進められる手続きのことです。

通常、不動産競売は、手続きに費用と時間がかかること、また、市場価格より回収額も少なくなること等の理由から、債権者としては、競売の手続きによらず、「任意売却」で進めるケースが多いです。

また、住宅ローンの滞納が発生しても、早めに債権者(金融機関等)に現在の状況をきちんと説明し、売却後の返済方法等を含め、誠意をもって相談すれば、「任意売却」で進められることも多いです。

任意売却のメリット

任意売却は、ご自分の意思(希望)が反映されますので、様々な精神的負担が軽くなり売却後の新しい生活にも、力強く前向きに向かわれます。

この点においては、任意売却は、非常に有効で前向きな解決方法であり、また、メリットと言えるでしょう。

任意売却の費用

よくご質問をいただく費用(売買成約に伴う仲介手数料等)の件につきましては、「任意売却」の場合、お客様のご負担はございません。ご安心ください。

Copyright(c) 株式会社カジハラプランニング All Rights Reserved.